「働く」を守る、
「働く」を彩る。

老舗企業としての信頼と
時代に求められる革新への挑戦。
アサヒ産業株式会社では、大正元年創業以来、
あらゆる ワーキングシーンに
安全・快適・機能性を
届け続けています。

会社情報
profile

アサヒ産業の企業理念

時代とともにそのカタチを変え、刻々と変化するものと、けっして変わらないもの。私たちアサヒ産業は大正元年、大阪で初代通天閣が完成し、山陽本線が全線開通した、まさに激変の時代に産声を上げました。以来、100年を超える長い長い時間の中で、働く人々を守り、やさしく包み込む仕事服の製造・販売を続けてきました。時代のニーズやトレンドをしなやかに読み取り、常に新しい快適さのために。
たくさん作ってたくさん売ることが主流としてもてはやされる今日、一途に取り組み続けた私たちの誇りは、品質に対する飽くなき探求の姿勢です。

ご挨拶

大正元年(1912年)に創業して以来、繊維の町・大阪の地で、官庁制服をはじめ、衛生白衣や作業服など、当時の社会の求めに応じた様々な仕事服の製造販売に始まり、時代の成長とともに、多種多様なワーキングウェアを取り扱うことで、微力ながら社会に貢献し続けて参りました。
1978年にはツナギ服の腰部にプリーツを施した仕様により実用新案を取得し、現在もなお、当社の主力商品として多くのお客様にご支持を頂いておりますが、さまざまな時代を振り返ってみると、私たちアサヒ産業の歴史は、働く人、一人ひとりに誠実に寄り添うことでお客様の業績貢献を考え続けた歩みとも言えるでしょう。
求められるニーズがさらに多様化している今日、働く際に身に付けるウェアの領域も多岐に渡り、より詳細な「デザイン性」「機能性」「安全性」が求められていますが、私たちは常に各課題の本質を見極め、使う人それぞれの立場に立った製品の提供を通じて、働く喜びの創造に寄与していきたいと考えています。
国内外における生産拠点のさらなる密接な関係づくりと、お取引先様との強固なネットワーク。長い歴史の中から導き出された「共存共栄」を不変のテーマと掲げ、これからも、「働く」を優しく包み続けて参ります。

アサヒ産業株式会社 代表取締役 山上 嘉久次

会社概要

名称
アサヒ産業株式会社
本社所在地
〒540-0035 大阪市中央区釣鐘町2-2-1 MAP
tel.06-6943-6000(代) 06-6942-0861(代)
fax.06-6943-4141
E-mail:info@sunasahi.co.jp
勝山デポ
〒543-0043 大阪市天王寺区勝山2-8-29 MAP
専属工場
香川県善通寺市 広島県福山市
代表者
山上嘉久次
資本金
1,300万円
取扱品
ワーキングウェア・ユニフォーム・作業着全般
取引銀行
三菱東京UFJ銀行船場中央支店・商工組合中央金庫大阪支店・三井住友銀行大阪中央支店・みなと銀行大阪支店
主要取引先
ユニチカトレーディング株式会社・シキボウ株式会社
アサヒ産業新本社ビル(平成30年完成) 勝山デポ

アサヒ産業の歩み

大正元年
大阪市南区長堀橋2丁目5番地にて綿布卸商山上合名会社を創業
昭和14年
日中事変の進展のため縫製工場を新設。警防団服、防空隊服の製造、販売を併業。
昭和23年
官庁制服の製造販売を開始。
昭和40年
アサヒ白衣(株)として組織変更後取扱品も作業被服、衛生白衣の製造販売に変更。
昭和48年
アサヒ産業(株)に名称変更。続服の製造販売に着手。
昭和53年
伸縮性続服の実用新案権を得て全国販売を展開。
平成6年
中国広東省に合弁会社を設立。
平成14年
合弁解消。中国遼寧省に提携工場確立。
平成20年
ベトナム ハノイ近郊で生産に着手。
平成28年
大阪市天王寺区に勝山デポを新設。
平成30年
中央区釣鐘町に新社屋完成。
尼崎紡績本社工場(取引先ユニチカグループの創業当時の工場)


PageTop